妊娠中の方の歯科治療

妊婦さんの歯科治療

妊娠中はホルモンバランスの乱れやつわりなどの影響で、食生活が偏ったり歯みがきが不十分になったりする傾向があります。また出産後も通院が難しくなるため、歯科医院へ行けるようになったときには、虫歯や歯周病が進行していたということもあります。

妊娠中に定期的に歯科医院を受診し、適切なケアで口腔内の健康を保つことが大切です。お口のことで気になることがある方、「今は特に問題ない」と思っている方も、大事な出産に向けて、定期検診と毎日のケアで口腔内環境を整えておきましょう。

森本歯科医院の妊婦さんへの歯科治療

妊娠中の治療には注意すべき点がいくつかあるため、森本歯科医院では、通院されている産婦人科の先生のご確認をいただいたうえで治療を行っています。口腔内の状況や必要な治療について照会状を書かせていただきますので、担当の先生ともよくご相談ください。

その内容をうかがったうえで、妊婦さんと胎児への影響に十分配慮した、最善の治療を行います。

治療時期について

妊娠安定期になると一般的な歯科治療が可能です。安定期以外の歯科治療はできるだけ避けたいところですが、必要に応じて最低限の治療を行うこともあります。

レントゲン

もともと歯科でのレントゲン撮影は、内科や外科などと比較しても局所的なため被曝量は少なく、腹部への影響も少ないと考えられています。当医院では、さらに被曝量の少ないデジタルレントゲンを使い、妊娠中の方には防護衣を着用していただくなど、可能なかぎり被曝量を抑えたレントゲン撮影を行っています。

デジタルレントゲンとは

通常のレントゲンと比較して被曝量が10分の1で済むレントゲンです。防護衣を着用していただき、必要な部分のみ撮影しますので、妊婦さんや胎児にも影響はほとんどありません。

飲み薬

歯科医院で処方する飲み薬は、主に痛み止め・抗生物質・腫れ止めの3種類になります。リスクのない飲み薬はありませんので、薬を使わない治療を行うのがベストですが、どうしても必要になった場合は、妊婦さんにも安全とされる薬を最小限処方します。

麻酔

歯科治療で行う麻酔は、局所的で量も少ないためほとんどの場合、妊婦さんや胎児への影響はないといわれています。痛みを我慢することで心身にストレスがかかるよりも、必要に応じて麻酔治療を行ったほうがよいでしょう。

オンライン診療予約 24時間受け付けております。 079-285-0589

  • ページの上部へもどる